読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひたすら今、だにゃ

書いておかなきゃにゃ、をかくにゃ

ひば油

 

季節柄、子供ら(猫)が、蚤を体につけて帰ってくる。

毎日お風呂に入れても、やっぱり何匹か、取り切れないわにゃ。

 

で、体についてる蚤は、液体の、蚤、蚊駆除剤使うことになる。

匂いは、石油で、猫の頸に垂らす。体に悪いわにゃ。

石油を猫の体内に浸透させて、虫を殺すわけ。

 

で、うんちに瓜実条虫の場合は、今までは、買い置きの、

犬猫のくすりパインスター(回虫、条虫の駆除に、またたび味の粒状)

液状おさかなペーストにまぜて食べさせてたけど、

半年くらい前からかな、ある日、一斉に、ネットから消えた。

手ごろな安価で、虫が駆除できる、パインスター販売中止になってね。

 

液体の条虫駆除剤(プロフェンダースポット、お値段高い!)とか、

あとは、病院で毎月毎月、処置するしかなくなった。

それも、両方が、石油の液体を、猫の頸に垂らす薬。

それが嫌なら、ドロンタールっていう錠剤あるけど、

口から飲んでくれない猫には、石油の薬使うしかなくなる。

 

どう考えても、

生物に石油の薬を体に塗るなんてこと、

必要以上に、やりたくないのじゃ。

で、うちの子(猫も犬も)は、

毎日お風呂で虫を洗い流して、

両手にヒバ油つけて、顔を除いて、全身に擦り込んであげてるのらわ。

で、ひば油は、犬猫の虫よけに、使ってみてたんだけど、

調べたら、ヒバ油が、浸透性がある、細胞賦活剤ということが書いてて、

そんなに、ひば油ってすごいんか~~と、感動おぼえるくらい、

薬効があって、おったまげたから、ブログに書くにゃ。

 

細胞賦活剤っていうのは、

細胞を再生化させるとか、

細胞のターンオーバーを早めるとか、

細胞を正常化し、若返らせる効能があるっていう、薬効があるってことらしい。

 

ひば油の研究は、戦後、文化勲章を受章する程の、偉大な発見だったんだって。

ひば油一滴で、あらゆる病原菌が死滅するという。

時間はじんわりとかかるのだが、

細胞の再生力を促す薬効も、ずば抜けてるらしい。。。

しかしじゃ!! 同時代に、

安くて速攻で病原菌を死滅させる、抗生剤が、アメリカで発売されると、

ひば油は、生産量が限られ、価格が高くなる上に、

効果を表すのに、時間がかかるから、

日本の医療機関で扱われることは無かったんだって。

 

で、残念なことに、今では、ひば油の持つ薬効は、

経営を最重視する、医療機関で生かされず、

世間の認識では、製材所の香り(ひのきの香り)がする、

アロマオイルの扱いになってるそうなんじゃよ。

 

梅子の看病を、つきっきりでしていて感じることは、

病院で、2週間に一度、抗生剤と消炎剤(ステロイド)、

その間に一回、消炎剤(ステロイド)の注射を打って、

9か月目になるんだけど、

ただただ、毎回が、その場しのぎの対処療法でしかなくて、

日増しに、梅子のお毛けが薄くなっていくし、

肌も弱くなり、毛すきすると血だらけになるし、

薬を打った瞬間だけ、食欲出るけど、

日増しに食欲がなくなってるし、

ある日、梅子が弱り切って、死んでしまうのを、

時間を先延ばしして、待ってる状態でしかないと、うすうす感じてしまうんじゃ。

 

抗生剤と消炎剤を打つことは、

梅子の免疫を抑制しつづけている処置なので、

梅子は、注射を打ち続けている限り、

自力で、免疫で、回復することはできないのじゃよ。

 

で、玉のばあちゃんは、そんなことに気づいてしまったので、

昨日で、梅子の薬切れてるんだけど、

注射の継続を、

先延ばしにしようか、または、止めようか、

迷い迷い、適切と思われる手当しながら、

梅子の体力と相談しながら、様子を見ることにした。

 

まず、第一弾は、手元にある、ひば油で手当て。

昨日から、梅子の全身をマッサージして、皮膚からの浸透性の良い、ひば油を

垂らして、擦り込んであげている。

 

よく考えてみれば、虫の薬といって、石油を猫の首にしみこませていることと

比べたら、悪いわけはないわにゃ。

 

梅子に使う前に、玉のばあちゃんも、

ひば油の、

浸透性があり、細胞賦活剤という薬効を知ったので、

直接肩こりに塗ってみた。大量に。そしたら、肩こりが、とれたの、

かちんこちんの肩が、やわらか~い筋になってるから、おったまげた。

 

玉のじいちゃんが、腰が痛いというから、たっぷりとひば油を直接塗りこんでみた。

30分もすると、痛いのとれたと言ってた。

 

玉のじいちゃん、ばあちゃん2人して、

こめかみに、ひば油を直接すりつけて見ると、

すかすかして、気持ちよかった。

その手で、目をこすったら、すかすかして困った。

顔の近くでは、精油が粘膜等に触れないように、十分気を付けた方がいいじょ。

 

虫刺されで、かゆくて掻きむしった後、

赤く汁が出てるところにも、ひば油を直接すりつけたら、

かゆみが取れて、傷口が閉じた。

 

まったく、しみないし、後で赤く腫れ無いのを確認したから、

さっそく、梅子の顔以外の全身に、ひば油擦り込んであげた。

で、マッサージし続けてあげた。

気持ちいいみたいじゃ、オッポ、オッポと、しっぽ振ってた。

 

もともと、玉のばあちゃんは、

中国少林寺のお土産の、はっかの精油

昔から、肩こりとか、こめかみとか、直接塗りつけて、

学生時代からだが、眠たい時は重宝してた。

アロマテラピー風だと、精油を原液で塗るとダメとか言うから、躊躇しちゃうけど、

病気、治すために塗るので、適所に直接擦り込んでいいわにゃ、というはっか油体験の確信の下で、やってみた。

 

梅子の肌に浸透して、

薬効が、血中に入り、

内臓もろもろ、細胞若返らせてくれるはずなんじゃ、と心込めてマッサージした。

 

通常だと、梅子は、注射が切れる3~4日前から、

食欲がなくなり、水分も取れなくなり、

干からびた状態で、える動物病院に、行ってたのだが、

今回は、ひば油の効果なのか、

細々とだけれど、昨日も今日も、マグロも少量食べ続けてくれてるし、

牛乳も、喉を湿らすほど、飲んでくれる。

しかも、夜はこの2日間、梅子が一緒に寝たいと言って、

枕の上に来て寝ていた。

 

梅子、薬が切れて2日目だけど、今日は、夕方涼しい風が吹くから、

階段で、くつろいでました。

f:id:touemon:20160707175205j:plain

 

もしかして、ひば油の細胞賦活性が、少しは、作用して、こうなのかなと。

 

第二段の手当てに、うめこの為に、ルミンを注文しているとこ(^◇^)

戦前からある、林原生物化学研究所の、細胞賦活性剤なんじゃ。

 

七夕様に願いを込めて~、どうか玉が帰ってきますように。

今日も、一回、玉のクリックお願いしますにゃ~~~

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村玉が早く見つかるように、クリックおねがいにゃ~。

画面変ると、たま子に一票入るんじゃよ。すぐ閉じていいからにゃ~。ほんとに、ありがとにゃ~(^O^)