読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひたすら今、だにゃ

書いておかなきゃにゃ、をかくにゃ

6月13日(月)玉の生存と、息災を祈りつつ、たま男が新顔に

玉が消えた日から、48日になる。

毎日、カレンダーに印をつけて、

玉の無事と、帰りを待っている。

 

この近所の、どこかの家に、どこかのマンションに

玉は、監禁されて飼育されていると、睨んでいて、

夜の見回りは、部屋の中の明かりをたよりに、

猫の声がしないか、窓辺に猫の影が見えないか、探して歩いている。

 

玉のばあちゃんも、じいちゃんも、目撃している、

上海通りの、玉そっくり猫が、

とうとう別猫だったと、判断できるに至った。

 

朝、明るいときに、上海通りで、玉そっくり猫と

鉢合わせしたから、たま~たま~、たま子~おいで~、と

近づいて、間合いを縮めていったら、

顔は、玉そっくり、柄もそっくり、なんだけど、

しっぽが5センチくらいの団子で、がっかり。

玉じゃないんだってことも、判明した。

男子だった。少し、玉より体の大きい、青年だった。

道の真ん中の、黒い点、玉そっくり猫なの。逃げてった。

f:id:touemon:20160613232439j:plain玉の母さん菊ちゃんも、確認に来くれて、あれは、玉じゃないといってた。

その、玉そっくり猫は

私に目撃されるたびに、この数週間、

たま~たま~、たま子~と、呼ばれたもんだから、

たま子の呼び名に、適応するようになってきた。

最初は逃げだしてたのに、たま~、という名前に反応するようになった。

で、おんもの『たま男』と名付けた。

 

たま男は、まだ、体を触らせてくれないケド、ここ2日ばかり、

我が家の、みんな食堂に来て、朝晩、食事するようになった。

 

たま男は、ホントに、玉の顔にそっくりなんだにゃ。

玉のじいじも、ばあばがよく見ても、そっくりに見える。

 

たま男が、みんな食堂で、ご飯食べてるのを見ていると、

元気に一杯召し上がれ~と、

新顔さん(たま男)対する、微笑ましい気持ちでいっぱいなんだけど

反面、探してたたま子じゃなかったな、という、

空しい気持ちにもなるんだわ~。

 にほんブログ村 玉が早く見つかるように、よりたくさんの人に、玉探しを知って協力してもらえるように、ランキングに登録したよ。ささやかなブログだけど、玉帰還祈って、どっちかポチョっとおねがいにゃ~。まいど、ありがとうございます(^O^)

東京の人気ホテル・旅館が最大78%OFF