読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひたすら今、だにゃ

書いておかなきゃにゃ、をかくにゃ

パトリック松男と、バーバラ梅子

今朝、朝ごはんの後、

裏のテラスの、おんも子専用仮設住宅

パト松男は出かけて行って、

半日、日光浴しながら、くつろいでいたようだ。

 f:id:touemon:20160513231419j:plainこれ、一本足のパトリック松男♂(推定11歳)

お尻の肛門腺が破れて、穴が開いて、感染症寸前だったので2015年9月保護した子

 

その後、梅子の姿が、うちじゅう、どこを探してもいなくなった。

で、梅子を探すのをあきらめて、玄関鍵を閉めて、出かけた。

f:id:touemon:20160513231914j:plainこれ、バーバラ梅子♀(推定7歳)

干からびて、皮と骨になって、虫の息で倒れていたので、2015年11月保護してきた子

 

夕方、戻ってきても、松男と梅子の姿がない。

パト松男は、裏の仮設住宅にいるだろうと

見当をつけてたから、夕飯終わるまで、迎えに行かなかった。

 

一方、病気の梅子は、中々心許してくれない女の子なので、

そのうち、帰ってくるだろうと、

心配ながらも、家で、お玄関開けて、待つことにした。

 

あまりに、2人が、帰ってこないから、

先ずは、パト松男を回収しようと、裏のテラスに回ったら、

なんと、

仲睦まじく、

おんも子仮設住宅に、2人そろって入居していた。

きっと、半日、一緒に箱にいたのだろう。 

f:id:touemon:20160513232316j:plain

あまりにも、まったりと2人でいたので

そっとしておいてあげたら、

しばらくして、

2人別々だけれど、うちに入ってきた。

 

案外、猫らは、お互いに、いたわりあって、思いあって、

暮らしているんだわにゃあ。

 にほんブログ村玉が早く見つかるように、みたらどっちかクリックおねがいにゃ~