読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひたすら今、だにゃ

書いておかなきゃにゃ、をかくにゃ

5月12日、なんともまあ、快晴だこと

東京の、底抜けの青い空はサイコーじゃ。

f:id:touemon:20160512111455j:plain 左から、菊♀、松男♂、仁♂、 朝の日光浴(^^♪

f:id:touemon:20160512111540j:plain手前のトラ柄娘は、たま子の妹、鈴ちゃん♀

猫たちを、お散歩に開放してやって、一日が始まる。

洗濯機まわす。

その間に、こどもら(猫)のごはんを用意して、

しばし帰りを待つ。

ま~、お皿がチリンと音すると、

仁(じん)は、大急ぎで、足元に集まってくる。

 

菊ちゃん家族(今は、菊と鈴だけ)は、

うやうやしく、少し間をおいて登場し、

特別食のテリーヌを3口ほど頂く。

 

松男(=おんも子時代はパトリック、凛々しい名前だった)は、

ずいぶんたってから、のそのそと帰ってきて、

みんなの食べかすを、文句言わずに食べている。

 

病気中の梅子(=おんも子時代はバーバラなんて優雅な名前だった)は、

うちの子になってから、閉じこもりの生活で、

原因の合併症で、口内炎がひどいから、

いつも固形だけどやわらかくしっとりした総合栄養食えらぶと、

やっぱり、アクシアの『黒缶』タイ産ね、

それとおやつに、クリスピーキッス3粒位食べるね。

飽きるみたいだから、一日おきに、アクシアの『金缶』ね、

おいしいみたい。よく食べるから。

お散歩は、みんなにまじって、

朝晩5分くらい出かけてくるみたい。

f:id:touemon:20160512112203j:plain昨夜の梅子。注射が効いてやっと一食目を食べた。

梅子は昨年の9月に、うちの子になって、

皮と骨の干からびた状態で、瀕死寸前だった。

体重も、7歳くらいというのに、僅か2キロ、

けど、今は3.6キロに増えて、穏やかに暮らしている。

月2回の抗生剤と、消炎剤の注射をして、

梅子の体の痛みを取ってあげている。

薬が効いている間の僅か10日間ほどは、よく食べるんだ。

一生、面倒見てあげるぞ、梅子、幸せにするにゃ。

f:id:touemon:20160512112456j:plain f:id:touemon:20160512112604j:plainきくちゃんも、毎日、ばーちゃんと見回り参加

猫らの朝食が済むと、玉の見回り、

たま~、たま~と、声を出して、

近所を確認しながら一周してくる。

 

たま子に、ばーちゃんの声が届けてやりたい。

玉の母親きくちゃんも、見回りに参加してくれて、

わたしの後を、ぴったり伴奏しながら、歩いてくれる。

まるで、わんこみたいな猫だわにゃ。

 にほんブログ村玉が早く見つかるように、みたらどっちかクリックおねがいにゃ~